スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無理して土曜に行ってみた

天気 前々日 前日 当日 釣行時 3度~11度 南東の風2m~南風微風~南西の風2m 小雨~晴れ 湾奥濁り有り 外洋気持ち濁り有り 波、うねり少し高め

南東の風2m:メバルを狙いに行くがまたも常夜灯が切れていた。外側でやってみるがアタリがなかったので内側の常夜灯に行く。底を引いてちさいの5匹ぐらい釣れて、表層早引きで小さいアジ数匹釣って、一人+2人組みが先端に行くのが見えた。さすが土曜日。移動する。移動先で小さいメバル10匹ぐらい釣ってさらに移動。

南風微風:磯へ上がろうと思ったが、先行者が3人いるのが見えたので断念。さすが土曜日。
我慢して手前の防波堤に行くと、小メバルと小アジが大量にいた。マシなサイズのメバルを狙うが追いかけてくるだけで食わなかった。暗い所をメインにやって、表層で3匹、底で2匹、20cmぐらいのアジを釣る。そしてなぜか針に引っかかってきたサヨリ5匹。イカを狙いに移動。

南東の風1m:避けている場所に入るが人がいっぱいいた。さすが土曜。
いつもの場所でやるが全然で、6時の合図まで待って移動。

南西の風2m:アジを狙いに磯へあがってみるが、メバル狙いと思わしき人1人とエギ2人いたので、先っちょしか入れなかった。マズメ時だが小さいアジが数匹釣れただけで全然ダメだった。完全に明るくなったぐらいでエギの2人組みが帰ったので、立ち居地を変えようと思ったらメバルの人も帰っていて、いつものピンに立つことが出来た。
いつものピンに立った時には太陽の頭が背後から出ていて、マズメ時は逃した状態。3投目ぐらい、ピンではなく地面から垂直方向に投げたジグヘッドに30cm近いアジが来た(どう図っても29.5だった)。ジアイを逃さないよう投げるが20cmぐらいのが釣れただけで後が続かない。釣れたのはたまたまだったのかと思い、右方向に少し移動してみると、見つけた。
kaiyu2.png
藻や岩の多い手前数mより向こうの深い所に居た。20後半4匹と、大小合わせて20~30匹追加。11時ぐらいになぜかピタッと食いが止まる。サビキの人がこのタイミングで来たが、小さいのをポツポツ釣るだけだった。メタルジグで移動しながら広範囲に投げるが小さいのが数匹釣れただけで帰宅。使ったジグヘッドは太軸の針に2gぐらいのオモリをかませたもので、飛距離と手がえし重視のもの。
PC190707_dekaaji.jpg
20前半のアジはシラスを沢山食べてる奴が何匹かいた。でかいアジは消化が進んだ何かの魚と、4cmぐらいの魚を何匹か食べている奴が1匹いた。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。