スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミノー 浮力 調整

糸錘が巻いてあるけどこれは無しの状態で
P4120714_110.jpg
水温10度の状態で、左から
超超スローフローティング、ほぼ0秒(絶対浮いてこない)
超スローフローティング、12~14秒(糸を巻くと浮いてこない)
スローフローティング7秒(糸を巻いても浮いてくる)
フローティング(重心移動無し)5秒以下
左から2番目が基準になる浮力で、秒はリセットするのにかかる時間
デメリットは魚を釣ると針で木に穴が開く。背中側に木を張るのもありだが、曲面なので貼りにくい。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。